2019-12-10

渡邉晋監督 退任

渡邉晋監督 退任のお知らせ | ベガルタ仙台オフィシャルサイト
33節および最終節でのスピーチでその可能性もあるかな、と思ってた。
今、うちのチームを一番分かってくれていて、近視眼的ではなくて未来を見据えた挑戦をしてくれるのは渡邉監督なんだろうなぁ、とも思ってた。
悔しそうなスピーチを聞いて、来年はまた挑戦できる環境になればいいな、とも思ってた。
ただ、状況を変えるのであればそろそろかな、とも思ってた。
ありがとうございました。
愛してます。
これからもうちのことを愛してやってください。

2019-12-09

「岸辺露伴は動かない」全国六都市上映ツアー 奇譚見聞録

行ってきた。
「岸辺露伴は動かない」はOVAですでに2作出ていて、今回新たに2作品制作されたので全国六都市でツアーですって。
贅沢。
映像も音も圧が強くて楽しかった!
露伴先生流石です。

2019-12-07

2019 J1リーグ振り返り

年間順位。
順位チーム勝ち点試合数得失点差
1横浜F・マリノス7034+30
2FC東京6434+17
3鹿島アントラーズ6334+24
4川崎フロンターレ6034+23
5セレッソ大阪5934+14
6サンフレッチェ広島5534+16
7ガンバ大阪4734+6
8ヴィッセル神戸4734+2
9大分トリニータ47340
10北海道コンサドーレ札幌4634+5
11ベガルタ仙台4134-7
12清水エスパルス3934-24
13名古屋グランパス3734-5
14浦和レッズ3734-21
15サガン鳥栖3634-21
16湘南ベルマーレ3634-23
17松本山雅FC3134-19
18ジュビロ磐田3134-22

リーグ戦全結果。
曜日H/A対戦相手結果現地
0102/23H浦和レッズ0△0
0203/02A横浜F・マリノス1●2
0303/10Hヴィッセル神戸1●3
0403/17A湘南ベルマーレ1●2
0503/30Hセレッソ大阪0●2
0604/06Hサガン鳥栖3○0
0704/14A大分トリニータ0●2
0804/20A鹿島アントラーズ0●1
0904/28Hガンバ大阪2○1
1005/03金・祝A川崎フロンターレ1●3
1105/12Hサンフレッチェ広島2○1
1205/18Aジュビロ磐田0●2
1305/25A清水エスパルス3●4
1406/01H名古屋グランパス3○1
1506/15A松本山雅FC1○0
1606/23HFC東京2○0
1706/30H北海道コンサドーレ札幌2○1
1807/06A浦和レッズ0●1
1907/13H鹿島アントラーズ0●4
2007/20Aセレッソ大阪0△0
2108/03Hジュビロ磐田2○1
2208/10AFC東京0●1
2308/17H川崎フロンターレ2△2
2408/24H湘南ベルマーレ1△1
2508/31Aサガン鳥栖1●2
2609/14A北海道コンサドーレ札幌3○1
2709/28H横浜F・マリノス1△1
2810/05H松本山雅FC0●1
2910/19A名古屋グランパス2○0
3011/02Aヴィッセル神戸0●2
3111/10H清水エスパルス2○0
3211/23土・祝Aガンバ大阪0●2
3311/30H大分トリニータ2○0
3412/07Aサンフレッチェ広島0●1

YBCルヴァンカップ。
曜日H/A対戦相手結果現地
YLC0103/06Aサガン鳥栖2○1
YLC0203/13HFC東京2○1
YLC0304/10H柏レイソル2○1
YLC0404/24Hサガン鳥栖0△0
YLC0505/08AFC東京0△0
YLC0605/22A柏レイソル1△1

順位クラブ名勝点試合数得失点
1ベガルタ仙台1264
2FC東京1062
3サガン鳥栖56-3
4柏レイソル56-3

曜日H/A対戦相手結果現地
YLCプレーオフステージ 第1戦06/19A名古屋グランパス0●2
YLCプレーオフステージ 第2戦06/26H名古屋グランパス1○0

天皇杯。
曜日H/A対戦相手結果現地
天皇杯2回戦07/03HFC大阪4○1
天皇杯3回戦08/14Aカターレ富山1○0
天皇杯4回戦09/18AV・ファーレン長崎1●2

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

結果的に昨年と同じ11位で終了。
今季はとにか開幕5試合勝ちなし、やっと1勝したと思ったらやっぱり連敗、最下位となったときは降格も覚悟したけど、4バックにして目の前の試合、勝ち点を拾っていくことに切り替えてからはなんとか中位をキープ。
渡辺監督では無理か、と思ったけどすばらしい持ち直しっぷりでした。
スタイルを変更していくなかでも戻れるところがある、というのはずっと話していたけどほんとに戻れるんだなぁと。
当然ボールを握るスタイルは今後改めて追求していくと思うので期待しつつ、しっかり補強をしてもらいたい。
それにしても外国人選手がこんなに当たるとは思わなかった。
2012年の梁、菅井以来のJリーグ優秀選手賞に選ばれたシマオ マテ、ダンが抜けてどうなるかと思ったら加入直後から素晴らしい活躍のヤクブ スウォヴィクと彼らがいなければどうなっていたことか。
ぜひ、来年もよろしくおねがいします。
とにかく来年もJ1でプレイできるのが嬉しい限り。
ありがとう!

第34節 サンフレッチェ広島 0-1


今季最終戦。
攻め込む広島を向かいうつも、守りきれず。
力負け。

2019-12-01

邪ンヌ召喚

ついに弊カルデアにジャンヌ・ダルク・オルタが降臨。

すばらしい造形。
感動的。
都合つけてくれた奥さん愛してる。

2019-11-30

第33節 大分トリニータ 2-0


ホーム最終戦。
今年はユアスタ行かず。
26分CKから道渕の抑えた素晴らしいゴールで先制、さらに61分にカウンターで右サイドを駆け上がった蜂須賀のクロスを長沢が決めて追加点、守りきって勝利。
ほぼ決まってたけどこれできっちり残留確定。
ボール保持率が大分71%という状況で、勝利後の監督インタビューでは時計が戻ってしまったようで何とも言えない、といっていたのが印象的。
確かにシーズン当初目指していたボールを握って勝ち切るということができなくて辛いシーズンになってしまったけど、ほとんど残留争いに巻き込まれることはなかったので良しと。
また来年、新たな姿を見せてもらえることを期待してます!
まだ最終戦あるけど!

2019-11-29

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章

劇場公開もここで一段落。
キルヒアイスが死んだときのラインハルトの慟哭の演技が神がかってて泣いた。
宮野さんすげえ。
映画見終わったタイミングで続編制作決定!とか出るかと思ったら出ず。
その後の舞台挨拶で当然やりたいので動いてはいるものの、まだ決まっていないとのこと。
ここで終わるのはもったいなさすぎるのでぜひ続きを観させてもらいたい!